不足する医療従事者をいかに増やしていくのか?

大阪の医療従事者不足の原因、その対策を探っていきます。

医療従事者不足対策NAVI

医療従事者不足対策NAVI

医療従事者不足対策NAVI 医師や看護師をはじめとする医療従事者の不足は地方だけでなく、都市部でも様々な形で影響を及ぼしています。大阪では病院数は全国トップクラスにも関わらず、人口あたりの病院数が全国平均を下回るために、患者で混雑する病院が多くなり、その負担はそのまま医療従事者の負担となっています。医療従事者不足解消のために、新規の医師・看護師の増員対策と同時に、離職中の看護師の復帰を促す有効な対策をすぐに講じる必要があります。復職を目指す看護師の仕事さがしには、24時間サポートで、仕事が決まると支援金も付いてくる看護師専門のコチラの転職サイトがおすすめです。
看護師の求人/転職/募集は徹底サポートの【看護のお仕事】
看護師の求人/転職/募集は徹底サポートの【看護のお仕事】

新着記事

医療従事者不足の現状

医療従事者不足の現状

医療事故は医療現場で、医療行為を受けた患者に想定外の傷害や侵害が発生することです。医療事故はそれを起こした個人のミスやルール違反に注目が集まりがちですが、その実態は、個人に帰されるものでなく、組織の問題であったり、業務プロセスの中に事故を誘発する条件が潜んでいたりして、その個人のミスを誘発することもあるのです。現場の医療従事者の人員不足が、そういった医療事故の誘発条件となったり、負担のかかる業務によるストレスがメンタルヘルスの不調に拍車を掛けています。続きはこちら

医師不足は本当に起こっているのか

医師不足は本当に起こっているのか

1980年代以降、将来の医師過剰を懸念した当時の厚生省が医学部の定員削減などを行ったことに端を発していると言われています。その後、地方の過疎地や僻地の医師不足が社会問題として顕在化しました。現在も地方の医師不足は深刻ですが、医師の集中する都市部でも診療科によっては医師が不足しているという歪な構造になっています。病院の多い大阪でもそれは例外ではなく、大阪府内でも医師が足りている地域と不足している地域があり、都市部では産婦人科と小児科の医師が不足している状況です。続きはこちら

看護師が不足している理由

看護師が不足している理由

医師同様、看護師も不足しています。看護師の場合、毎年新卒の有資格者が5万人づつ増えているのですが、現場での看護師不足感に改善はありません。大阪は東京と同じように病院数は全国トップクラスですが、単位人口あたりの病院の数は全国30位という状態で、人口から見ると病院が足りない状況になっています。個々の病院は常に患者で混雑するため、医療従事者の負担が増しています。特に看護師の負担は大きくなっていて、さらに7対1配置基準を引き金とする負担増が看護師の離職を促す結果となっています。続きはこちら

人気記事のまとめ

医療従事者のためのメンタルヘルス
医療従事者のためのメンタルヘルス

うつ病や不安障害は近年、世界的に増加傾向にあります。その傾向は一般の人だけでなく、患者を治療する側の医療従事者にも当てはまります。メンタルヘルスに不調をもたらす原因はストレスですが、看護師不足による勤務状況の悪化がストレスの要因となっていますので、対策が必要です。医療従事者のためのメンタルヘルスの続きはこちら